えにわ はなまるストア

本文の文字サイズ

北海道 恵庭市から、選りすぐりのはなまる商品をお届けします!!

花のまち えにわ

 北の大都市 札幌と、北海道の空の玄関 新千歳空港を擁する千歳市。恵庭市は、この北海道を代表する2大都市の中間に位置する、郊外型都市です。

 人口約7万人のこのまちは「恵みの庭」の名前が示す通り、豊かな自然環境と、そこに住まう人々の花や自然を愛する心が、美しい情景や楽しいイベント、そして独創的で素晴らしい数多の製品を生み出しています。

美しい花々に彩られたまち えにわ

 恵庭市では個人宅の庭を公開するオープンガーデンが盛んで、北海道におけるパイオニア的な役割を果たしてきました。

東京の専門家からアドバイスを受け、1993年には市民有志が、ガーデニングの先進国であるニュージーランドのクライストチャーチを訪問。手入れの行き届いた個人宅の庭が、美しいまちの景観になることを知って感銘を受け、恵庭市でも道路から見た庭の美しさを競うようになりました。

 そして現在、シーズンになると全国から観光客が訪れるほか、ガーデニングを夢見て恵庭市に転居する人も増えてきました。花き栽培業も盛んで、札幌市民の憩いの場である札幌大通公園の花壇を彩る花々も、今ではその多くが恵庭産となっています。

 また栽培だけではなく、花を活かした食品や日用品などの生産・販売も活況を呈し、市外でも人気を得ています。

清涼な水が流れるまち えにわ

 恵庭市では農工業も盛んですが、それらの源になっているのは、やはり何と言っても清涼な水資源でしょう。恵庭市中心部を流れる漁川(いざりがわ)は、その流域に豊かで貴重な自然の姿を留めています。

 また漁川の水は水質が非常に良いため、恵庭市を含む石狩管内の多くの自治体で上水道用に給水されています。更に恵庭岳を源流とする良質な地下水も豊富であり、水資源には非常に恵まれています。このことが、鮮度が高く美味な農畜産品を産み出す要因であると共に、国内有数の飲料会社や食品会社が工場を構える理由でもあるのでしょう。

美味しい魅力があふれたまち えにわ

 広くは知られていませんが、恵庭市は北海道の米作り発症の地でもあります。明治初年、河内からやってきた中山久蔵が島松に移住。1873(明治6)年、苦心惨憺の末に北海道初の稲作に成功し、北海道に稲作が拡がるきっかけを作りました。

 今でも恵庭市の農業では、彼の遺志を継ぐかの様に志の高い従事者が多く、新鮮・安全そして美味と評判の農作物には事欠きません。

 また恵庭市を代表する農産物と言えば、やはりえびすかぼちゃでしょうか。えびすかぼちゃは強い甘みとホクホクした食感が特徴で、関西地方では特に人気があります。恵庭市ではこのえびすかぼちゃを利用したお菓子や食料品の製造・販売も盛んであり、恵庭観光協会が指定管理者である恵庭市有数の行楽スポット 道と川の駅 花ロードえにわでも、多数の関連商品が販売されていますが、いずれも好評を博しています。

オリジナリティの高い製品が揃うまち えにわ

 恵庭市では清浄で豊かな天然資源、ガーデニングなど花の美しさを愛でる環境、そしてそこに住まう人々の弛まない努力と創意工夫が、他ではお目にかかることの出来ない、独自性とクオリティの高い製品を多数産み出し続けています。

 当ショッピングサイトでは、恵庭市ゆかりの個性的な製品を、多数取り揃えて販売しております。ぜひごゆっくりとご覧ください。

いらっしゃいませ ゲスト

北海道えにわ特産品市場